投稿日:

3月8日ミツバチの日に、イベントを開催させて頂きます。

 

ちょっとまだ先の話ですが、3月8日(木)ミツバチの日に、京都岡崎 蔦屋書店主催で「はちみつのトークイベント」を開催させて頂く事になりました。

場所は、岡崎蔦屋書店のパークプラザ1階ロビーです。
当日は、8種類の蜂蜜を試食して頂きながら、その蜂蜜がどんな養蜂家さんが、どんな所で採っておられるのかお話させて頂いて、皆様にはその風景を思い描いて頂いて、それらの蜂蜜の使い方、楽しみ方をお伝えします。
時間があれば、私の養蜂のお話も少し(^^ゞ

トークショーに、ご参加の方にはもれなく、はちみつクッキー
プレゼント。(卵・乳製品は使用されていません。)

貴重なニホンミツバチの蜂蜜を始め、蜂蜜の販売も少しさせて頂きます。ご興味のある方は是非、ミツバチの日を楽しんでください!

開催日
2018年03月08日(木)

定員
先着10名様

時間
11:00-16:00(はちみつ即売)14:00-15:00(トークショー)

場所
パークプラザ1階共通ロビー インフォメーションカウンター横

主催
京都岡崎 蔦屋書店

参加費
無料

お申し込み方法
1)お電話(岡崎蔦屋書店)までお申込みください。
Tel. 075-754-0008
2)メールの方は、お問い合わせフォームからお申し込みください。折り返し、こちらから詳細をお知らせさせて頂きます。

問い合わせ先
岡崎蔦屋書店 075-754-0008

このイベントの詳しくは、コチラ

 

投稿日:

はちみつ色の車。3日(土)は、12時~19時まで営業致します。

先程、仕事を終えて古いお札さんを納めに節分祭真っ盛りの吉田神社さんへ行ってきました。

抽選券付きの福豆を、頼まれ物も含めて10個買ってきました。

今年も、はちみつ色のトヨタヴィッツが どなたかに当たります。

人に押されてお参りして、人に押し出されて帰ってきました。約800店の露店は圧巻です。とっても楽しいのでおススメ。(^O^)/当店から吉田神社さんへは、近いので徒歩約10分で行けます。

明日も、ご来店お待ちしております。

 

投稿日:

いよいよ、節分。

写真は吉田神社さんです。1月末から各神社さんは、節分祭に向けて秒読み開始で作業に勤しんでおられます。

京都は節分の頃が一番寒い時期。吉田神社さんでは約800店の露店が出るので節分祭だけは熱気に包まれます。

当日、赤鬼さん&青鬼さんも汗だくだと思います。

さて、申し訳ありませんが2月の定休日が不規則になります。ご来店の際は、お手数をお掛けしますが営業カレンダーをご確認ください。

 

投稿日:

ネパールのお土産。

店のコーナーに、商品以外の蜂蜜を展示しています。今日もそこに、ネパールの蜂蜜が加わりました。

養蜂でお世話になってる方がご旅行先で見つけて買って来て下さいました。

タグに、蜜源植物はカラシナ・ミツバチはセイヨウミツバチと記されています。

現地(ネパール)のご説明では、ガケの上に巣を作る野生のミツバチの蜂蜜という事です。

ラベルも素敵ですね。糖度は、79,8%。甘さは、ややあっさりめ。驚いたのは香りです。私の大好きな、おこうこの香りがします。お試しになりたい方は、ご来店の際にお申し出ください。味も、若干おこうこの味がします。

とっても美味しいですよ。(^^)v

 

 

 

 

投稿日:

蜂蜜の試食について。

昨日の岡崎京の手づくりマルシェでは、ご覧のようなお天気の中ご来場頂きまして心より感謝申し上げます。

ハトなど鳥類は、寒さ知らずなのか?震えているのは哺乳類だけでした。(^^ゞ

マルシェ開催終了後、出店者さんで新年会&意見交換会がありとても勉強になりました。ぽんぽこランドのOさんからは、「一つの商品でも種類があって選べる事が大切ですね。蜂蜜も色々な味があって選べることが楽しいじゃないですか。販売する側からすると種類を絞っておススメする方が簡単だけど、特に子供の内から色々な味を経験するとその後の食に関する関心度も違ってくるだろうし。(食育ですね)因みに、みかんは約200種類あるんですよ~。」

また、福祉関係の方からは、「蜂蜜を試食させてもらって、いつも味がこんなに違うんだと驚いています。蜂蜜と同じように人間も違って当然という風に気づいてもらいたいですね。蜂蜜の試食は、その気づきに繋がりますよ。」と、仰っていただけました。

昨日は寒さで、蜂蜜も手も凍りましたが試食って大切だなと改めて自覚しました。

店では、約40種類の蜂蜜のご試食をご用意しています。是非、選ぶ時間もお楽しみください。

投稿日:

1月27日(土)は、京の手づくりマルシェに出店します。

岡崎蔦屋書店前(ロームシアターさんのお隣)で、10:00~16:00「京の手づくりマルシェ」が開催されます。
今回は、新発売「はちみつクッキー」を、お持ちします。

このはちみつ クッキー(写真)は、三重県の あいのやさんに作って頂きました。材料にもこだわっておられて、小麦粉は三重のあやひかり・オイルは菜種油・はちみつは国産(奈良)の百花蜜を使って下さいました。蜂蜜の優しい甘さと風味が楽しめます。デザインもかわいいミツバチなのでプレゼントにもオススメ。(^O^)/卵・乳製品は入っていません。数量30個限定 ¥200(税込)

あいのやさんの詳しくは、コチラ

※北白川店舗は、申し訳ありませんが臨時休業致します。

投稿日:

25日(木)は、臨時営業致します。

お初天神の25日(木)は定休日ですが、12時~19時まで、通常通り営業致します。節分近し。やはり、冷え込みが厳しくなってきました。明日は雪が降りそうですので、お出かけの方はお気をつけて。今日は、「昨日TVの番組で認知症に蜂蜜が良いと知った。親に試してみようと思う。」と、仰るお客様がちょくちょくご来店でした。私はその番組を拝見していないので内容が知りたいところです・・(^^ゞ

投稿日:

はちみつやさん。

大きくなったら、何になりたい?って、子供は大人から一度は聞かれます。

お客様から伺ったのですが、某小学校の参観日で、その質問に対して「はちみつやさん」と、答えた女の子がいたそうです。珍しい職業を答えているなと思っていたら、又、他の女の子が「はちみつやさん」と答えたので何故?と思われたそうです。もしかしたら、その二人は仲良しで、共同経営を考えてるのかも知れませんね。

それはさておき、なりたい職業を「はちみつやさん」と、答えてくださるのは、とても嬉しい事です。憧れの職業になるように、頑張らないと・・(^^ゞ

写真の蜂蜜は、スペインの百花の蜂蜜です。陶製の器はスペインの伝統的なデザインで、蓋の固定はミツロウが使われています。

投稿日:

猪 鹿 蜂。ちょっと、養蜂ネタです。

昨年から、これからの森林についてプロの方々と学ぶ機会を得ました。ニホンミツバチにとっても森林は大切な存在(生息域)です。養蜂の未来にかかっていると言っても過言ではありません。畑を荒らすイノシシも問題ですが、森林にとって今、シカが全国的に大問題。シカは年間約2kmのスピードで生息域が広がり、ネズミ算式に(知床で1.2倍。山梨で1.77倍。)絶対数は増え続けます。植物(エサ)の好き嫌いはありますが、飢えたら最後は何でも食べてしまうそうです。温暖化で冬の気温が下がらない為、冬を越す頭数も増え、シカが増えたら林内が明るくなり又、気温も上がります。頼みのハンターさんは減り問題は山積みのようですが、京都には造園業の優れた技術と歴史があり、生態系を保持するためにも共存目指して方法を模索しておられます。現場は本当に大変です。でも、専門家の方々が真剣にディスカッションされてる様子をニホンミツバチになった気持ちで拝見していると、明るい未来が見えてきました。10年後20年後には、ニホンミツバチの自然巣がたくさん見られるような里山になる!!

※写真は、ヘンプオイル(麻実油)とニホンミツバチの蜜蝋です。ハンドクリームをいろんなオイルで試しましたが今は、このヘンプオイルの香りにはまっています。おススメ。