に投稿 コメントを残す

花梨のはちみつ漬けの注意点。

立冬が過ぎたら途端に気温が下がりました。そして、空気も乾燥しがちになります。

今朝のyahooニュースで、蜂蜜は咳に対して効果があるのか?と言う記事がありました。詳しくは、こちら。昔から民間療法として蜂蜜は様々なシーンで活躍しています。のどにも良いとされてる花梨の蜂蜜漬けも、その一つ。もし、花梨が手に入ったら是非、手作りされてみてください。花梨のはちみつ漬けのレシピは、以下ご参考に。

材料 花梨 1 : はちみつ 2~3 ※赤色は、花梨はちみつを作る時の注意点です。

①花梨を水洗いした後、水気を十分ふき取る。

②花梨を切る。とても固いのでケガしないように慎重に作業して下さい。イチョウ切にこだわることはありません(写真ご参考に)。切りやすい方向で3mm前後の厚さで切れば大丈夫です。とにかくケガしないように!ワタは取り除きますが、種は一緒に漬けるので残してください。

③煮沸消毒した保存瓶に、②の花梨と種を入れてはちみつを注ぎフタをします。

④最初は、花梨が浮いてきますので、時々瓶を上下ひっくり返して花梨に、はちみつがコーティングされた状態にしてください。ここを怠ると、発酵やカビの原因になります。

お好みですが、約1か月で完成します。寒い時期は冷暗所でも良いですが、室温が高い場合は、冷蔵庫で保管して下さい。

※花梨は、食べれません。シロップのみ使用可。

完成後は、花梨はちみつシロップとして、咳止めの効果はもちろん、ハーブティーやホットワイン、ビネガーと合わせてサラダのドレッシングや和食の隠し味としてなど、様々な利用が出来ます。

先日、法然院森のセンターさんで実った約1kgのビックリサイズの花梨を頂きました。落ちて傷がつかないように屋根の上って枝から収穫されたとか。センター長さん命がけの花梨・・(^^;)で、先ずは、はちみつ漬けの為に切り始めたのはいいのですが、これが一筋縄ではいきませんでした・・固いのなんのって・・格闘する事40分。やっと切れて、完成したのが写真です。はちみつは、愛媛県産みかんを使用。

お得価格をご用意しました!ご注文は、こちら。完成が楽しみです。

年末年始の営業は、まだ、決めかねています。今後の状況を鑑みて、決まり次第、お知らせさせて頂きます。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です