投稿日:

お陰様で、福袋は完売しました。m(__)m

今朝は、雪が降ってミツバチも寒そうにしていました。

店に戻ると、ご近所の善行堂さんから、またまた貴重なミツバチ本を頂きました。
著者は、養蜂研究所の設立者 井上丹治さん。
昔、養蜂研究所さんへは、博物館へお伺いした事があり、たくさんの資料やコレクションを見せて頂きました。
昭和38年に発行されたこの本の最後のページに、ミツバチの飼育に必要な種蜂と養蜂具の価格が紹介されていて合計金額16.320円と、あります。
この当時、公務員の大卒初任給が15.700円とありますから、現在と大差ないかな?蜜源植物に関してやミツバチの体内時計の実験なども、とても新鮮で勉強になります。(^^ゞ 
 
※明日は、定休日です。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です